接道義務とは?

接道義務とは?

建物を建てる時に、建築基準法の中で定められている接道義務というものがあります。建築基準法43条には、こう書かれてあります。

「建物を建築する敷地は、建築基準法に定める道路に2m(ないし3m)以上接しなければならない」

つまり、家を建てる時には、その土地が建築基準法という法律で定められた道路に2m以上接していなくてはいけない、ということです。

さらに、その道路は幅員が原則4m(ないし6m)以上ないといけません。

以前に、「敷地が道路に届いていない!?」という事例を紹介しましたが、まさにこのことです。

建築基準法という法律が出てきましたが、道路にはいろいろな法律が関わっています。建築基準法の他にも、道路法、道路交通法、道路運送法・・・・などなど。

建物を建てることに関していえば、この建築基準法が重要です。

建築基準法で定める道路・・・?と言われて面倒そうだなと感じたかもしれませんが、建物を建てる時には、接している道路が重要だということです。

これは、建物を建てたとき、そこを使用する人が火災や地震などの災害の時に避難したり、救助のために緊急車両が出入りする必要があるので、きちんと通れる幅の経路の確保が必要なのです。

そう考えると、建物の敷地が道路に接するということは、人命にもかかわる重要な義務であることがこの法律で定められていることが容易にわかるはずです。

接道義務を満たさない土地は建築や建て替えができないか?

接道義務を満たさない敷地には以下のようなものがあり、原則建て替えはできません。

事例①:敷地の接道している部分が建築基準法上の道路に当てはまらない(通路・歩道)

事例②:敷地の間口(接道している部分の長さ)が2m未満

事例③:敷地が道路に接していない、未接道、囲繞地(いにょうち)

しかし、敷地の状況によっては例外規定によって接道義務が緩和される場合があるので、調べる価値があるかもしれません。

これは、建築基準法43条第1項但し書きと言って、次のように書かれています。

「建築物の敷地は、道路(次に掲げるものを除く。次条第1項を除き、以下同じ。)に2メートル以上接しなければならない。ただし、その敷地の周囲に広い空地を有する建築物その他の国土交通省令で定める基準に適合する建築物で、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可したものについては、この限りでない。」

例えば、敷地が公園などの広い空き地に接していて、接道している以外のところから出入りできる場合はこの特例を利用できる可能性があります。

どんな道を通っていますか?接道をチェックしてみよう。

古い建物が密集していたり、それぞれの家の敷地の間口が狭かったり、道路が狭かったりする地域をよく目にします。皆さんが通っているほとんどの道路は建築基準法上の道路だと思います。でも、限られた人しか通らない道だったり、細い通路だったり、建築基準法で定められていない道も少なからずあります。

これらの地域では、建築に関する法律が整備される前にすでに建てられた家も多く、再建築不可物件も相当な数であると考えられます。

住まいの周りで、安全面に配慮された街並みが形成されているか今一度確かめてみてはどうでしょうか。

関連記事

  1. セットバック 知っておきたい!セットバックのあれこれ
  2. 再建築不可物件のライフライン
  3. 敷地が建築基準法上の道路に接していない時の対処法
PAGE TOP