相続不動産を売るときの流れ

相続した不動産 クリアパートナー

相続不動産を売るときの流れ

不動産を相続する時に、建物を建てる予定や、相続不動産に賃借人がいるなど収益性がある場合は活用できますが、そうでない場合は、活用方法を悩むことがあります。

使う予定がない場合には、更地のままでも建物が建ったままでも防犯上・防災上の問題や雑草が生い茂るなど管理上の問題、固定資産税の負担もありますので、売却することも一つの選択肢です。

売却の流れ

①売主の確定

登記名義が被相続人のままである場合は、売却するために相続人=登記名義人=売主が誰であるかを確定する必要があります。(売主が確定していないと、買主に所有権移転手続きができません。)

一般的な不動産取引では、売主は売買契約や代金決済にあたり、売主全員で必要書類を準備したり時間を合わせて集まるといった対応が必要です。

相続人が複数いる場合は、それぞれの持分で不動産を共有するということになりますが、相続人全員が売却することに同意しているならば、遺産分割協議をして代表者の単独所有にして売却するなど効率的に売却手続きをする方法もあります。

売主が確定したら、買主に所有権移転手続きをする前に、相続登記の手続きをします。

②買主を探す

上記のように売却の準備ができたら、買主を探します。
見込み客がいればよいですが、一般的には不動産仲介業者に依頼して買主を探すことになると思います。
不動産業者によって、取り扱いエリアが異なっていますし、取り扱い物件についても居住用物件が得意、収益物件が得意、など強みがあると思います。
物件の特性に合わせて不動産業者を選ぶとよいでしょう。

③売却手続き

買主が見つかり、商談が成立したら、売主として書類を準備し、売買契約・代金決済をします。
代金決済と同時に不動産を引き渡し、委任を受けた司法書士が所有権移転登記手続きを済ませたら売却完了です。

④留意点

遺産分割協議で便宜的に相続人の1人を売主としていた場合は、売却代金を他の相続人の方々と分配する必要があります。
手続きの方法により、余分な所得税や贈与税などかからないよう注意が必要です。

⑤落とし穴に注意

不動産を売却する際には通常、売主から買主に物件状況を知らせます。
相続した不動産を売却する場合、自分で使用していない場合は物件状況が分からないケースがあります。
物件状況を知らせることができない場合は、後々のトラブルにならないように、きちんと事情を伝えて責任を負わなくて済むようにしたり、プロに依頼してきちんと調査するとよいでしょう。
売主が伝えるべき内容を伝えなかったり隠したりすると、後々にトラブルに発展することがありますので、注意が必要です。

弊社では

弊社では、売却後のトラブルを未然に防ぐため、売主に変わって綿密な物件調査を行います。
弊社には、不動産を相続したが、物件のことが全く分からないというお客様も相談に見えます。
売主が伝えるべき内容と言われても、何を伝えればよいのか分からないかもしれません。もちろん、物件の種類によっても調べる内容が異なってきます。
お客様ひとりひとりとよく話し合って、納得できる不動産の売却を心がけています。

関連記事

  1. 良いことばかりではない!?不動産相続時の注意点
  2. 成年後見制度 クリアパートナー 成年後見制度を活用した不動産売却
PAGE TOP