買うならどっち?戸建とマンションの徹底比較!

戸建マンション比較 クリアパートナー

住まいを購入するとき、戸建とマンションとどっちがいいの?

戸建とマンションのメリットとデメリットを挙げてみましたので、住宅を購入するときに参考にしてみてください。

 

1、戸建のメリット

管理費や修繕積立金などの固定費がかかりません。(もちろん管理は自身で行い、必要な時に修繕する必要があります。)

リフォーム・建て替え・改装など(もちろん法の制限はありますが)マンションに比べて使用に制限が少ないです。(マンションは管理規約でいろいろと制限されています。)

土地が完全に自分のものになります。相当な年数が経過しても土地の資産価値が見込めます。

管理組合など自治会への参加義務がありません。

 

2、マンションのメリット

管理が楽です。外装や共用部分などの管理は(委託していれば)管理会社が行います。

エントランス(集合玄関)がオートロックになっているとセキュリティ面は安心です。望まない訪問者をエントランスで排除できます。

また宅配ボックスがあれば、宅配分の再配達の手間もありません。

画一的な不動産のため、流動性が高いと言えます。例えば、いざ賃貸しようとしたときに戸建より借り手がつきやすいでしょう。

マンションによっては、24時間ゴミ出しできるところがあります。

上層階であれば、日照が見込めます。

同じ立地であれば、戸建より価格が安い傾向があります。

 

戸建とマンションのデメリットは、メリットをそのまま逆にしたようなものですが、気づいていますか?

 

3、戸建のデメリット

防犯対策は所有者自身で検討・導入する必要があります。

マンションに比べて訪問者が多いかもしれません。(マンションは入口がオートロックだったら望まない訪問者を自宅玄関よりずっと遠い集合玄関で排除できます。)

境界のトラブルが起こりうる(マンションの境界トラブルは全くないということはありませんが、戸建に比べると少ないでしょう。)

同じ立地であれば、マンションより価格が高い傾向があります。

 

4、マンションのデメリット

ランニングコストとして毎月、管理費や修繕積立金がかかります。(都内のファミリータイプの区分マンションで、平均月2~4万円の負担。古いマンションほど高い傾向があります。)

マンションの規約があり、専有部分のリフォーム・改装や、ペット飼育など制限があります。管理組合への参加義務があります。マンションによっては組合の議事への参加を委任する方法もあるでしょうが、基本的には管理組合総会への参加義務があり、他にも役員になれば理事会などの会合や役員の業務も生じるかもしれません。

土地が自分だけのものになりません。(敷地権や共有になります。)

修繕や建て替えを自分の意思だけでは決められません。区分所有者全体の総意で決めることになります。

 

5、まとめ

いかがでしょうか。

戸建とマンションのメリットとデメリットって一長一短ですよね。

ご自身のライフスタイルやライププランに合わせてよく検討してみてください。

PAGE TOP